実家暮らしの生活費の内訳と使い道、結婚やストレスについて聞いてみた!

実家暮らしの生活費の使い道と内訳、過程でのストレスや結婚の悩み、貯金額について20代、30代、40代、50代にそれぞれ聞いてみた!



30代実家暮らしの女性だが実家にはお金を入れず贅沢をしていた日々

実家暮らしの30代の女性の生活費と言っても、年収にもよりますし、実家に生活費を入れているかどうかで大きく変わります。

 

私が30代だったころ、フルタイムの正社員として勤務しており、年収は日本のサラリーマンの平均年収である400万を超えていました。

 

同じ年代の友達の中でも、決して少ない方ではありません。

 

しかも、私の父親は実家に住む限り生活費を入れるのは当然だと考えていたようでしたが、母親がそれを望まなかったため、生活費は一切支払っていませんでした。

f:id:finds:20160303074438j:plain

つまり、家賃、食費、水道代、電気代など、衣食住の食と住にかかる経費はまったくかからなかったのです。もちろん、友達と外食するときは、実費ですが、家族と外食に行く場合は両親が支払ってくれていました。

 

そのため、年収から、住民税、所得税、保険を抜いた金額はすべて自分が自由に遣ってよいお金なのです。

 

生活費がかからないのでお小遣いは10万弱

ただ、月収の30%は貯金しているため、それを引いた金額が自分のお小遣いとなっていました。毎月、化粧品、衣服、ヘアサロンに10万円くらい遣うことはザラでしたし、6万円近くは飲みに行ったり、遊びに行ったりするのに遣っていたのです。

 

旅行が趣味で、日本国内だけでなく、海外旅行にも、年に2回から3回は行っていているで、かなりのお金を遣っていたことになります。

 

周りの30代の友達は、実家暮らしをしている子がほとんどでしたが、実家に生活費を入れている子と入れていない子は半々くらいでした。

 

入れていた子は、約3万円から5万円が相場のようでした。ただ、実家にお金を入れているといっても、両親が本人に代わって貯金をしていることが多かったようです。

f:id:finds:20160303075120j:plain

 

その人が結婚するときに、結婚資金として出してもらったり、お祝い金としてもらっていました。毎月の私のお金の遣い方は、貯金しているお金以外はまったく残るお金がない状態でした。

 

今思うと、無駄遣いが多く、お金に対する考え方も甘く、もっとシビアに人生設計を立てて、毎月の貯金額を高く設定して、もっと貯めておくべきだったと思います。

 

実家暮らしで生活費がかからない30代のうちに、独立した時の生活費を用意しておくことができたのに。

 

そのために、実家にお金を入れて貯めておくというのはいい方法だと思います。遣われても文句は言えませんが。

 

実家暮らしの30代女性は、独立した時の生活費を作っていると考え、自由に遣うためにあるのではないと考えてほしいと思います。