実家暮らしの生活費の内訳と使い道、結婚やストレスについて聞いてみた!

実家暮らしの生活費の使い道と内訳、過程でのストレスや結婚の悩み、貯金額について20代、30代、40代、50代にそれぞれ聞いてみた!



30代男性が実家暮らしをするとこんなストレスが待っている!

 私は30代男性です。今ままで都内勤務でしたが、この度、転勤で地元の千葉に戻ってきました。都内では自由気ままに一人暮らしをしていましたが、地元では節約も考えて、実家暮らしをすることにしました。


 実家暮らしでは、食事は出てきますし、洗濯もしてもらえますので、想像以上に生活が楽だと感じていました。家賃や食費として、お金を渡していますが、一人暮らしの頃に比べると、大きな節約をすることに成功しています。


 しかし、前述のようなメリットばかりではなく、当然デメリットもあります。その一つが、実家暮らしであるがゆえのストレスです。

f:id:finds:20160307082657j:plain

実家にいるといつまでも子ども扱いでストレスがたまる日々

まずは、帰宅時間についてです。一人暮らしの場合は自由な帰宅時間でしたが、実家暮らしでは、自由ではありますが、とにかく気を使います。

 

帰りが遅ければ、静かに家に入らなければならないですし、翌朝、「帰りが遅かったけど何かあったのか」や「寝不足みたいだけど大丈夫か」などと必ず聞かれるのです。

 

心配から声をかけてくれるのだとは分かっていますが、毎回のように言われると、小言を言われているのかとも思ってしまいます。これがストレスにつながります。

 


 また、私の実家の場合は周りからの目を気にするタイプなので、結婚はいつするのかということを頻繁に聞かれるようになりました。しまいには、近所の人にまで、同じようなことを聞かれる始末です。


 その他には、食事の時間や生活のリズム、休日の過ごし方など、様々なところで少しずつですが制約がかかっているように感じます。この制約が、ストレスとして蓄積されていくことを感じています。

f:id:finds:20160307082855j:plain

30代で大人扱いされないストレスは大きい

 実家暮らしは当然複数名で生活をともにすることになるので、制約はしかたないことです。

 

しかし、自分が大人になったとしても、親から見ればいつまでも子供ですので、必要以上に気を使われたり、詮索されたりします。メリットも大きいとは思いますが、デメリットもかなりあると感じています。


 今現在の私は、節約をしてお金を貯めるか、ストレスというデメリットからの解放(一人暮らし)の2択で、前者を選んでいます。しかし、このままのペースでストレスがたまるのであれば、その優先順位は逆転され、一人暮らしを選択すると思います。