実家暮らしの生活費の内訳と使い道、結婚やストレスについて聞いてみた!

実家暮らしの生活費の使い道と内訳、過程でのストレスや結婚の悩み、貯金額について20代、30代、40代、50代にそれぞれ聞いてみた!



20代の男性でも実家暮らしをするとストレスは感じるものなんです!

今では一人暮らしをしていますが、以前は実家暮らしをしていました。やはり社会人になって、経済的に親への依存が必要なくなってからは、なんとか一人暮らしをしようとタイミングを計っていました。

 

それは、やはりストレスによります。20代男性として、実家暮らしを続けるということは、大きなストレスがかかるものです。


その原因は、いろいろとあると思います。やはり、「自由」が無い、というのが一番なのではないでしょうか。さすがに、自分の部屋が無い、という20代男性は少ないかと思いますが、いくら自分部屋があったとしても、「自由」を謳歌するには心もとないものです。

 

f:id:finds:20160307232723j:plain

 

帰宅時間を考えるのにもストレスがたまる

 

例えば、帰宅の時間です。仕事を始めると、その仕事の都合で遅く帰らざるをえないことがあります。また、遊びにいって、遅くなることもあるでしょう。

 

そのつど、実家暮らしであれば、親や兄弟などに気を使いながら帰らなければなりません。物音を立てないよう静かに帰らなければなりません。

 

汗をかいて帰ってきていても、シャワーを遠慮しなければならないかも知れません。大きな音は立てられないのです。テレビを見て笑ったりも出来ません。実に不自由です。ストレスです。

 

自分一人であれば良いのですが、そうでない場合も有ります。職場の同僚や、場合によっては、恋人を家へ連れて行く、というシチュエーションも出てきます。実家暮らしであると、ここでもまた気を使いながらになります。

 

馬鹿話で笑い声を挙げることもはばかられますし、恋人と安心してイチャイチャすることも、実家では難しいでしょう。大変なストレスであろうことは、体験したことが無くても想像出来るかと思います。

f:id:finds:20160307232907j:plain

実家暮らしに限界を感じたら一人暮らしをしよう!


そんなことなどがキッカケで、実家暮らしを卒業する決意をする、というのが一般的ではないでしょうか。

 

ただでさえ、男性においては、社会人になってなお親元で生活し、独立していない、ということは、あまり良い印象を持ってもらえません。

 

なんなら、マザコンを疑われるかも知れないのです。忸怩たる思いをすることでしょう。濡れ衣ですから。

 

そうならないためにも、実家を出るという選択をしたほうが良いかと思います。ストレスも減らすことが出来ます。一人暮らしで学ぶことは、人生を生きる上でもきっと役に立つでしょう!!