実家暮らしの生活費の内訳と使い道、結婚やストレスについて聞いてみた!

実家暮らしの生活費の使い道と内訳、過程でのストレスや結婚の悩み、貯金額について20代、30代、40代、50代にそれぞれ聞いてみた!



20代で実家暮らしだと毎月の貯金額はどれくらいになるか?

毎月の貯金額を考えると、20代での実家暮らしは実に有効な手段になると思います。シンプルに言えば、衣食住のうち住についてのお金はタダになるワケですからね。

 

生活費を分析すると、家賃であったり光熱費であったりを親任せに出来てしまいます。

 

もちろん、実家暮らしをしていても、親に家賃や光熱費としてお金を払ってもかまわないし、むしろ社会人として収入があるのなら、全額ではなくてもいくらか入れるほうが常識的なのかも知れません。

 

とはいえ、毎月の貯金額は、当然、支払わないという選択をすることで増えていきます。

 

どこに住んでいて、どこで働いているかにもよりますが、例えば首都圏で考えると家賃で我慢をしない住環境を選んだとすれば、8万円くらいは家賃としてかかってくるかと思います。

f:id:finds:20160310123523j:plain

 

光熱費で1~2万円。合計で10万円くらい、実家暮らしと一人暮らしで支出が変わってきます。この差額がそのまま毎月の貯金額になるのです。

 

かなり大きな額といえるでしょう。貯金はもちろん、生活にかなり余裕が出て来ますし、趣味などに回せるお金もかなり羽振り良くなります。実家暮らしは大きなメリットになるのです。

 

実家暮らしは貯金ができるが独立心を疑われる


ここで、良いことばかりでなく、悪い点、デメリットについてもきちんと考えておきましょう。当然ながら、親は我が子の独立心を疑うことになります。親離れ出来ていないという表現になるのかも知れません。

 

頼られることを喜ぶ親御さんもいるかと思いますが、依存関係が行き過ぎると、それは心配のタネになります。実家暮らしの多くの場合、家事を親任せにするパターンが多いです。

 

出来ないことを出来ないままにしておく、ということは褒められたことではありません。いざというときに最低限のことは出来る、すぐに1~2年ぐらい独立して一人暮らしできるぐらいの貯金額を持つ。

 

このくらいには達しておきたいものです。

f:id:finds:20160310123656j:plain


特に男性に言えることですが、ある程度の年齢に達してまで実家暮らしを続けていることは、対外的にはイメージが悪いです。

 

マザコンのそしりを受けることもあるでしょう。将来、結婚して、独立することを見据えたときには不安のタネになります。

 

もちろん、実家にいながら、家事をきちんとこなしている方もいらっしゃるでしょうが、少数派でしょう。

 

生活する上では、やはり親に頼ってしまいます。それを考えて、経済的に有利なほうを取るかどうか、立ち止まって考えることが大切でしょう。